ブログ

ブログ詳細

目の疲れと網膜色素変性症について考察


目が疲れる原因にはPCやスマホの見過ぎや暗い処での明るい光を見る等ありますが、目が悪かったり病気だったりしても疲れます。

 

今回は網膜色素変性症について調べたのでまとめておきます。

 

そもそも網膜とはなんぞや?

はい、光を電気信号に変えるAD(アナログデジタル)コンバーターです。

 

モノを見るために必要な視力、視野、色覚の3つが必要です。

杆体細胞は網膜に広く分布しているので広範囲から僅かな光でも感じ取り、視野を確保します。

 

錐体細胞は網膜の黄斑部分に集中しており色覚と視力を担当してます。

 

網膜色素変性症は先ず周りの杆体細胞から侵され、黄斑部分に達すると錐体細胞が侵されていきます。

ですので最初は暗いと見えなくなり視野が狭くなっていき最終的に視力や色覚が落ちていきます。

 

治療方法は現在ありません。

 

でも、信号変換のADコンバーターくらいなら研究すれば作れますよね?

誰か作ってないかと思って調べたら研究開発している人発見しました^^

 

目の難病「網膜色素変性症」で失明した患者に電子機器の「人工網膜」を植え込み、視力を回復させる研究を、不二門尚大阪大教授らが進めている。既に臨床研究として失明患者への手術を実施し、効果を確認した。来年度に本格的な臨床試験を申請し、医療機器として2021年の承認取得を目指すそうです。

4~5年したら何とかなるかもしれませんよ^^

 

ESPEROでは網膜色素変性症の方の治療は出来ませんが、目や肩の辛さを改善することは出来ます。

ESPERO
住所
〒238-0042
神奈川県横須賀市汐入町2-42 2F
アクセス
京急汐入駅から徒歩30秒
TEL 046-890-5035
営業時間 9:30~23:00(最終開始時間20:00)
※年に1回くらい休みますが告知します。

当店Facebookはこちら
http://on.fb.me/1QC3O3y

ホットペッパービューティー

  • facebook
  • twitter